So-net無料ブログ作成

プレシーズン3戦目

スキンズ 17―23 レイブンズ

今日のRG3 5/8、20ヤード、1INT、RTG27.1
 全くダメ。さっぱりダメ。後半の最初のドライブまで出場してパス20ヤードって何よ。プレ3試合でファーストチームのTDはありません。

 OLが押し込まれている影響もあるんだろうけど、あのドタバタなポケットワークはなんなんだろう。ターゲットがまるで見えていない感じだし、パスを出すタイミングが遅い場面も多い、投げるフォームもバラバラでぎこちない。インターセプトされたパスも、ターゲットはカバーされていた上、投げ方がヒドイ。フォーム、ポケットワーク、ビジョン、判断力、すべてのバランスが崩れているような。

 今日はさすがに無理なスクランブルはしなかったけど、投げ捨てりゃいいのにそのままサイドラインに走ってわざわざロスヤードにしたのは唖然としました。

 正直、全ての面で昨シーズンより悪くなっている印象を受けます。レシーバー陣はリーグ屈指の陣容になったけど、QBがこれじゃ完全に宝の持ち腐れ。ヤバイですね~、これは。

 RG3が開幕までに覚醒して別人のようにバシバシパスを決める、という淡い期待を持ちたくなるけど、その可能性は限りなく低そう。控えのカズンズも必ずしもシャープじゃないけど、少なくともRG3よりははるかに前に進む感覚があります。シーズン途中にカズンズにスイッチ、という恐ろしいシナリオもあり得る気がしてきました。。。

ディフェンス
 前半最後の2ミニッツをTDではなくFGで抑えられたら良かったんですが、それでもかなりイイ内容。とにかく相手QBに終始プレッシャーを掛け続けることができていたのがスバラシイ。

 ヒザの手術で出遅れていた新戦力ジェイソン・ハッチャーはプレ初出場でしたが、インサイドをぶち抜いてサックを記録。さすが。ずっと課題だったインサイドのパスラッシュに希望が見えてきましたねー。

 3年目でスターターに起用されているILBキーナン・ロビンソンも動きがシャープ。大先生の穴は埋まりそうな雰囲気。

 全体的にハードヒットが多く、フィジカル重視の方針が浸透している印象を受けました。特に、クラーク&メリウェザーのベテランSコンビがフィジカルっぷりはすごいですなあ。若手にとって本当にイイお手本。とにかく去年のようなヘロヘロタックルはだいぶ減りそうだと感じました。

 オフェンスに比べると補強が不十分だったディフェンスは正直期待していなかったんですが、意外とやれるんじゃね、と思えてきました。

若手選手
 今日は目立った若手選手はあまりいなかったですねー。2試合連続のTDレシーブを決めたWRニック・ウィリアムス(去年のUDFA)くらいかな。去年はリターナー以外に使い道がないように見えましたが、レシーバーとしても格段に成長しているのが分かります。見るからに真面目な人柄でストイックに練習してきた雰囲気を感じます。いいスロットレシーバーになれそうなので、PSで残してほしいです。

 ドラ3のGスペンサー・ロングがファーストチームで出てましたね。最初の数分を見逃したので、最初からスターターだったのかは分からないのですが。

 前回の試合でワタシが絶賛したドラ4CBブリーランドは、相手レシーバーに抜かれて21ヤードTDパスを献上。やっぱり甘くないですねえ。