So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

祝!ナショナルズがワールドシリーズ進出!

 やりました! MLBのワシントン・ナショナルズがカージナルスを4タテで初のワールドシリーズ進出を決めました。いや~、めでたい、めでたい。

 モントリオール・エクスポズが2005年からナショナルズに変わった当初は万年最下位で、ワールドシリーズなんて夢のまた夢って感じでした。ドラフトとFAで補強が当たりだしてからコンスタントに地区優勝するようになったんですが、 プレーオフになるとまるでダメ。3~4年前くらいがチームとしてピークで、この時ワールドシリーズに行けなかったので、しばらくチャンスはないだろうとあきらめていました。

 ところが、今年はワイルドカードでプレーオフ進出を果たすと、あれよあれよの快進撃。戦力的にはピークの時より劣るように見えるけど、勝負強さは今までに見たことのない次元です。勢いってすごいですねえ。ワタシの大好きなマックス・シャーザーにリングを獲らせてあげたい!

 去年はNHLでキャピタルズが優勝し、今年はWNBAでミスティックスが優勝。そんでMLBナショナルズがワールドシリーズ進出。NBAウィザーズも八村加入でなんか盛り上がってきた(日本人ファンだけ?)。

 タイトルに縁のなかったワシントンのスポーツ界が神がかったように快進撃を続けています。その中で、唯一、呪われたかのように暗黒街道を突き進んでいるのが、我らがレッドスキンズ。最近、ネットフリックスでストレンジャー・シングスというドラマシリーズを見ているんですけど、レッドスキンズだけが裏の世界にいるって感じ。

 ファン離れが加速しているのは、他のスポーツとの格差も大きいと思うんですよね。レッドスキンズの試合を見ても、全然盛り上がれないんだもん。なんとかしてよ。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
nice!(0)  コメント(4) 

いろいろありました

 更新をお休みしている間に、いろいろな出来事がありました。

泥沼の開幕5連敗
   ↓
グルーデン解任、キャラハンがHC代行
   ↓
W6のMIA戦で今季初勝利

 MIAとの試合は今季の最弱チームを決める「逆大決戦」でした。勝つには勝ったけど、タンクシーズンのMIA相手にほぼ互角って。。。ウチがどんだけ弱いかを改めて認識させられましたw

 グルーデンはチーム内の規律が甘かったことなどが批判されています。これだけ反則や怪我人が多かったのは、そこに大きな原因があったのは間違いないでしょう。個人的にはどちらかというと評価していたコーチでしたが、解任はやむを得ないです。

 でも、一番悪いのはフロント。これだけは間違いない。カズンズを引き留められず、トレントがホールドアウトを続け、戦力をアップさせるのではなく劣化させてきた。

 フロント内では、ビジネス部門でもスタッフが大量に辞めるなどドロドロ。ファンは減り、スタジアムはいつも相手チームのファンに占領される有り様。

 選手にも、ファンにも、職員も見放される、どうしようもないチームに成り下がりました。

 このチームはもはや、HCを変えてどうなるという状況ではないです。フロントを刷新しない限り、希望がないです。まずはチーム社長のブルース・アレンを解任し、最初から組織を作り直さないと駄目です。

 オーナーに代わってもらいたいけど、それだけはどうにもならない話なので、オーナーにしっかりしてもらうしかない。ダニエル君、あなたにフロント刷新の覚悟があるか?
nice!(0)  コメント(3) 

チームを立て直す気概は残っているか

 W2のDAL戦はハイライトだけ、W3のCHI戦はライブで見ました。今年は全く期待していなかったので、0勝3敗スタートはあまり驚いていません。ただ、試合内容がだんだん劣化しているのが悲しいです。特にCHI戦はホーム&全米生中継のマンデーナイトで、あの内容はないでしょう。

 プレーオフはもういいです。とにかく、崩れる一方ではなく、悪い流れを押し返そうという気概を見せてほしい、ただそれだけです。

 ワタシがほんの少し希望を抱いているのは、CHI戦後にDEジョナサン・アレンが感情的に語ったという以下の発言。

“Each guy has to be held accountable and just take it from there. There ain’t no magic sauce to get this thing turned around.”

 誰の責任でもない、一人ひとりが責任を果たさないといけない、状況を一変させる魔法の薬なんてないんだ。てな感じでしょうか。

 さすが、カレッジ常勝軍団のアラバマ大出身だなと。近年、アラバマ出身者をたくさんドラフトしたことをワタシはポジティブに受け止めていたのですが、それはチーム内に蔓延する負け犬根性を振り払ってほしかったから。

 ルーキーながらいきなりエースレシーバーになっているテリー・マクローリンも同じく常勝軍団のオハイオ・ステート出身で、しかもキャプテンを2年務めた選手。CHI戦後はこう発言しています。

“I’m a win-loss kind of guy. I scored. We lost," McLaurin said. "I want to be productive for my team, but at the end of the day I want to win and we all want to win. The boxscore doesn’t say ‘Terry had a great game.’ It says ‘The Redskins lost.’ I feel like that. Our team feels like that.”

 とにかく勝ちたい、そんな思いが伝わってきます。他チームに比べて圧倒的にタレント不足だけど、人間的には頼もしい選手が揃ってきたと思うんです。なので、ワタシはこのままズルズルいかない、根性を見せてくれる、そう信じています。

 ただ、見ていて歯がゆいのは、コーチ陣のゲームプランとプレーコールの拙さ。CHI戦では前半、カリル・マックにやられ放題だったけど、ダブルチームをつけるなり、パスプロがもたないなら短いクイックパスを多用するなり、いろいろ手は打てたはず。なのに、ビッグプレー狙いのプレーアクションが裏目に出る、の繰り返し。後半からアジャストしていたけど、おせーよ。1Qでアジャストしていれば、前半で0ー28なんてことにはならねーよ。

 話は変わって、QBキーナムが足を負傷したとか。ホント、ウチに来るQBは次から次に災いに遭いますな。問題は、次の試合、キーナムが出られるのかどうか。出られなければ、ハスキンズがスタート? マッコイがようやく練習に参加したようだけど、試合に間に合うのかどうか。今年はW4にして早くもQB陣が野戦病院化してきました。




nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -