So-net無料ブログ作成

プレシーズン2戦目

スキンズ 24―23 ブラウンズ

今日のRG3
 6/8、112ヤード、0TD、1INT
 う~ん。OLが押されっぱなしの中ではよくやったほうかなあ。あのINTだけはマズかったっすね。プレッシャーを受けて苦しまぎれに投げたという感じだったんで。

 やっぱり気になるのは、スクランブルからのスライディングの下手さ。いつケガしてもおかしくない転び方の連発に見てて怖くなりました。プレシーズンになんでそんなに無理すんのよ。もう5ヤード手前でなぜスライディングできないのか。これはもう治らないんだろうなあ。この試合を見て、RG3はやっぱりケガのリスクが高いことを痛感。ウチは今年も第3QBが必要だと確信しました。てことで、コルト君の残留決定w

ファーストチームOL
 やばいんじゃねーの。フロントセブンが強力なCLEとはいえ、ほとんどまともにパスプロが持ちませんでした。特に右サイド。RG3が壊れないか、リアルに心配になってきた。。。

グルーデンのプレーコール
 プレシーズン初戦はランヘビー、そして今日はパスハッピー。パスプロがひどかったので、もう少しランを出したら良かったと思うけど。まあプレシーズンなんでいろいろためしたいんでしょうね。

CLEの先発QB争い
 正直、これが一番の見どころだったんだけど、ホイヤーもマンゼルもひどすぎました。ガッカリ。あのコントロールが悪さは、とても先発争いをするQBには見えんかった。CLEのHCはプレ2戦目から40時間以内(だっけ?)にスターターQBを指名するとか言っていたけど、あの内容で選べるのかなあ。

 2人ともカイルオフェンスとの相性は良くないように見えました。カイルというとRG3との関係からリードオプションのイメージが定着しちゃっているけど、カイルオフェンスの神髄ってリードオプションじゃないと思うんですよね。元祖RG3が「カイルはQBにプレーコールをそのまま遂行することを求める」と言っているように、決められた位置に正確に投げ込めるコントロールが絶対必要条件。なのに、2人とも決められた位置ではなくてターゲットに向けて投げるから、どうしてもタイミングがずれてしまう。カイルオフェンスとの相性だけで選ぶなら、正直、元祖RG3がベストチョイスと思えましたw

良かった選手
 CBバシャード・ブリーランド(ドラ4) ウワサ通りのフィジカルなプレーを連発。あのハードヒットは見ていて気持ちいいです。パスカバーも良かったし、1年目から十分戦力になりそう。それだけにマリファナ所持が発覚したのは残念。出場停止処分を受けるのかどうかは不明。生まれたばかりの娘のためにお金を稼ごうとアーリーエントリーしたのに何やってんだよー。

 WRライアン・グラント(ドラ5) 4キャッチ、44ヤード、1TD。プレ初戦に続き、スバラシイパフォーマンスを披露。ずば抜けたスピードがあるわけでもないのに、すぐにオープンになる。とにかくセンスの良さを感じます。

 WRアンドレ・ロバーツ(FA加入) RG3からの49ヤードレシーブはお見事。デショーン獲得で余剰戦力になった感がありましたが、十分使えることが分かったことは収穫。

反則多すぎ
 DBのイリーガルコンタクトとホールディング、ホントにレギュラーシーズンでもこんなに厳しくとるの? 3&20くらいでDBのイリーガルコンタクトでダウン更新とか何度もあって、ちょっとアリエナイ。見苦しい~、こんなのイヤだ~。




ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア