So-net無料ブログ作成

相変わらずの試合内容&グルーデン続投情報

スキンズ 13―24 ジャイアンツ

 先発したコルトはFGで終わった最初のドライブで再び首を負傷し、ベンチに。残りをRG3が引き継ぎました。18/27、236ヤード、1TD、RTG106.4と、スタッツはいいんだけど、やっぱりダメ。特にポケット内でのモタモタぶりは相変わらず見苦しかった。

 勝敗を左右したのが、前半最後のプレー。RG3がダイブしてタッチダウン!と思ったら、レビューでファンブルの判定。あれがTDだったら、勝つチャンスはかなりありました。ルーキーイヤー時代の「持ってる男」は、今や完全に「持ってない男」と化しています。

 あのプレー、ワタシはRG3がスクランブルをチョイスしたこと自体が不満。タイムアウトが残っていなかったので、素直に投げ捨ててFGで3点を取りにいくべきだったと思う。確実にエンドゾーンにいけるスペースがあるなら話は別だけど、あの際どい状況は無謀じゃないかと。RG3のフットボールIQの低さを改めて感じさせられたプレーでした。

 で、首を負傷したコルトはIR入りの可能性も。どこまで重傷か分からんけど、キャリア的にやばいかも。首に不安を抱えるQBを取りたいと思うチームは少ないと思うんで。来季もコルトをつなぎの先発QBで使ったらいいと思っていましたが、この構想も崩れたかも。コルトもつくづく持ってない男だ。。。

 結局、次の試合、RG3が先発することになりました。まあ、これはしょうがないです。

 さて、試合結果よりもっと重要なニュースがありました。夕方、NBC系のローカルニュースを見ていたら、スポーツ担当のDianna Marie Russiniが、来季もグルーデン続投という速報を流していました。このねーちゃん、スクープをよく飛ばすなあ~。

 これが事実なら、フロントはRG3と決別する覚悟を固めたということでしょうか。もう少し詳しい情報が出てくるのを待ちたいと思います。