So-net無料ブログ作成

THE END OF GRUDEN ERA?

 2~3週おきくらいに「今度の先発QBは誰なんだろう?」とやきもきするのが今シーズンの習慣になってますw 野球の先発ローテーションじゃあるまいし。

 首を負傷したコルトを下げ、RG3を先発に復帰させる可能性もありましたが、どうやらコルトで行くようです。怪我を名目にQBを交代する絶好のチャンスでしたが、グルーデンはこれを拒みました。

 これでフロントとの対立は一段と深まり、かなりの確率でグルーデンは解任されるとワタシは予想します。次の試合でもRG3を復帰させなければ、もう決まりでしょう。2年連続でブラックマンデーが来るとは思わなんだww

 ワタシは大いなる勘違いをしていました。グルーデンがRG3を先発から降格させる決断を下した時、フロントは黙っていたので、グルーデンの判断を支持したのだと解釈しました。なので、ワタシは THE END OF RG3 ERA と理解し、地元メディアもそう報じていました。

 しかし、フロントが黙っていたのは、グルーデン支持ではなく、その逆だったと最近気付きました。つまり、RG3の先発降格に断固反対だけど、それを言ったら権限逸脱になるから黙っている、というのがフロントの本音だったのではないかと。本当にグルーデンの判断を支持しているなら、どこかでそういう声明を出しているはずですが、一切出てきません。GMアレンもメディアのインタビューを拒み続けています。

 で、結局、正確には THE END OF RG3 ERA ではなく、THE END OF GRUDEN ERA だったわけです。つまり、決別するのはRG3ではなく、グルーデンのほうだった、というのが水面下で進行している流れだったわけです。

 グルーデンを解雇した場合、残り4年16ミリオンの支払いが生じるため、さすがに1年でクビにしないでしょ、と高をくくっていました。これも THE END OF RG3 ERA と解釈した大きな理由です。

 しかし、最近見かけた分析では、HCの契約にもオフセット条項があるらしいです(知らなかった~)。つまり、再就職先を見つけた場合は、その新たなサラリー分を支払わなくて済むわけです。グルーデンはOCとして評価高かったので、ウチをクビになってもOCとして引く手あまたでしょう。(ミシガン大からHCのオファーが来ているというウワサもありましたが、代理人が否定してます)

 で、16ミリオンのうち実際に支払うのは半分くらいになる可能性もあるらしいです。8ミリオンなら、解雇をためらうほどの額じゃないです。フロントがRG3支持派であることに加え、残りの支払額がそれほどでもないことを考えると、やっぱりグルーデン解任の方向で進むのが自然と考えます。

 わずか1年、しかも今季3勝では評価しようがないけど、もう少しやらせたいコーチではありましたね。グルーデン好みのQBを据えて、DCも代えれば、随分良くなる気がするので。残念です。

 次のHCはどうすんですかねー。すぐにクビになる可能性があるし、めんどくさいQBはいるし。誰もやりたがらないでしょう。レーン・キフィンくらいですかね、引き受けてくれそうなのは。あとは、NFLから遠ざかっていて、後のキャリアを気にする必要のないおじいちゃんとか。

 とまあ、ダラダラ書いてきましたが、すべてワタシの予想で、まだどうなるか分かりません。また大いなる勘違いをしている可能性もあるので、あまり気にしないで下さいw