So-net無料ブログ作成

最近気になったニュース

DALがトレードでWRクーパーを獲得
 どこかでレシーバーをテコ入れするだろうとは思ってましたが、まさか1巡を差し出すとは。1巡を差し出したからには、当然、契約延長しなければ割に合わないわけで、少なくとも今後3年くらいはクーパーと一蓮托生となります。パフォーマンスが下がり気味であることを考慮すると、ものすごいギャンブルに出ましたねえ。でも、今季プレーオフを狙うならリスクを冒す必要があるわけで、吉と出るか凶と出るかはわからないけど、その勇気はすごいと思います。

Mr. IrrelevantがIRから復帰へ
 DAL並みにレシーバーが悲惨なことになっているウチはどうなんだ、ってコトですが、今のところトレードで動く雰囲気はないです。グルーデンはトレードにちょっと期待していたところもあったみたいだけど。で、どれほどの戦力アップになるのか微妙だけど、開幕戦で足首を負傷しIR入りしていた今年のMr. Irrelevant、WRトレイ・クインを来週にもロースターに復帰させるそうです。ストリートFAを連れてくるよりは、キャンプからチームに居る選手のほうがちょっとはいいでしょうかね。スロットのクラウダーが怪我でしばらく出られないみたいなので、ポジション的にもクインの復帰はプラスです。

再建モードのNYG
 CBイーライ・アップルは「チームのガン」と言われていたくらいなので、まあトレードもありかなと思いますが、DTデーモン・ハリソンのトレードはちょっと信じられない。しかも見返りが5巡って。。350ポンドの巨体ながら、あれだけ脚力、フットワークの選手って、滅多に見つからないと思う。いつもハリソンにやられまくっていたウチとしては、天敵がいなくなってありがたいですケド。

ニック・セイバニズムの注入
 最近、ざっと読んだ記事の中で、ワシントン・ポストのこの記事が面白かったです。
Alabama players have brought toughness — and Nick Saban-isms — to the Redskins
 去年と今年のドラフトでアラバマの選手を2人ずつ計4人指名したわけですが、ニック・セイバンの教えがチームに注入されている、というお話です。アラバマ産はハズレが少ないという点で基本的に歓迎なのですが、それ以上に常勝軍団のメンタリティーをチームに持ち込んでほしいなとはずっと思ってました。実際にそうなっているようで何より。特にDLジョナサン・アレンの勝っても奢らない、いつもストイックなコメントは、以前から感心させられていました。

ミスタックルが減った!
 ウチの守備陣はタックルが甘いというイメージしかなかったんですが、どうしちゃったんでしょうか。これもアラバマ効果でしょうか。







nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。