So-net無料ブログ作成

W7 ヒヤヒヤのエスケープその2

 相手のFGミスでヒヤヒヤの逃げ切り勝利。同点になっていたらモメンタム的に負けていたでしょうね。

スキンズ 20-17 カウボーイズ

運命の5ヤード
 最後のFG、ウチのオフサイドかと思ったら、なんと相手のフォルススタート。LSの「スナップインフラクション」という反則なんだそうですが、初めて聞いたわ。これで47ヤードから52ヤードトライになり、見事に外してくれました。試合中の映像ではさっぱり分かりませんでしたが、この映像を見ても何がいけないのかよく分かりませんw


 LSが相手のオフサイドを誘うようなボールの動かし方をしてはいけないんだそうです。今まで聞いたことのないような反則がなぜこの重要局面で取られたかですが、試合前、ウチのSTコーチからDALのLSが怪しい動きをするという指摘を受けたグルーデンが審判に注意してくれって言ったそうです。それで反則をもらえたとすれば、コーチ陣の超ファインプレーです。

エリオットを止めた!
 エリオットを止められるかどうかが勝負の分かれ道だと思ってましたが、15キャリー、33ヤード(平均2.2ヤード)に抑え込みました。こんなにランを完璧に止めた試合って、シャナハンが3-4を導入してランディフェンスを崩壊させてから初めてな気がする。10年近く続いていたランディフェンスの出血がやっと止まった、そんな気分。

 DLが良くなるとランってこんなに止まるもんなんですねえ。ダロン・ペインに1巡投じた価値がありました。ドラフト直後、ディスってすみませんでしたw


ディフェンスのビッグプレー
 久しぶりに叫びました。それくらいの快感の一撃。OLBケリガンのストリップサックから、リカバーしたOLBプレストン・スミスがそのままTD。ディフェンス頑張っとるなあ。


相変わらずのオフェンス
 「レシーバーがいない対決」なんて揶揄されていた試合でしたが、明らかにウチのレシーバーのほうが貧弱に見えました。リチャードソン、クラウダーが負傷離脱でスカスカの陣容。その中でも、RBピーターソンが気を吐いてくれたおかげで、なんとかドライブが進みました。相手がランを止めに来ることが分かっている展開でも走れるんだからスゴいよなあ。今までウチにそんなランナーいなかった。

NEXT
 次は不調にあえぐNYGとの対戦だけど、そんなに悪いチームには見えないんだよなあ。OJB、バークリー、シェパード、イングラムと、オフェンスのスキルポジションはリーグ屈指。OLも補強したし。なぜ勝てないのか不思議。簡単には勝たせてくれないでしょうね。




nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

Nao

2年ぶりにコメント致します。
この試合、出勤前の喫茶店でゲーパスで観戦しました。
ご記載の通り、ランディフェンスは冴えてましたね。ただ、オフェンスはAPのラン以外はイマイチ。ビブスがトンプソンの穴を埋めようとTD奪いましたが、今年のオフェンスは去年以上に迫力不足ですね。デショーンやガーソン、カズンズの価値を改めて感じてます。

話は変わりますが、この試合の解説はトニー・ロモでしたが、当然のようにカウボーイズ寄りの解説。彼の解説はガラガラ声で聞き取り難かったのですが、最後のFGの「スナップインフラクション」の時の「Oh,ohhh...」との落胆ぶりと、その後のキック失敗の後の節句(トニーの声が聞こえず)には笑ってしまいました。
by Nao (2018-10-23 21:10) 

ソフィア

Naoさん、お久しぶりです! そうですね、カズンズ、ガーソン、デショーン、そしてプレーコーラーがマクベイだった時代が、ワタシのファン歴では最高のオフェンスでした。こんなダイナミックなオフェンスはもう当面お目にかかれないでしょうね。それにしても今年はあの貧弱なオフェンスで勝ち越しているなんて逆に不思議です。

ロモのガラガラ声は顔とのギャップが大きすぎていまだに慣れないです。「Oh,ohhh...」というのは素直な感想すぎて笑えましたね。
by ソフィア (2018-10-25 08:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。