So-net無料ブログ作成

1巡13位 DTダロン・ペイン

 毎年やろうと思いつつできていないドラフティー紹介に、今年は挑戦。といっても、素人のワタシには選手を見る目がまるでないので、ハイライト映像などを貼り付けて、最後にちょっとだけコメントを加えたいと思います。

1巡13位 DTダロン・ペイン(アラバマ大) 6' 3" 311 lbs

ハイライト映像


2018大学王座決定戦


スタッツ


コメント
 今回のドラフトでいまだにしっくりこないのが、1巡13位でこの人を指名したこと。3シーズンで通算3サックと、明らかにランストッパー特化型の選手。ツーダウン起用の選手に全体13位は勿体なかったのでは、という思いがどうしてもあります。パスラッシュ力も高いPHIのフレッチャー・コックス(2012年全体12位)あたりと比べると、見劣りして見えるんですよねえ。

 ただ、ハイライト映像の最後にオフェンスに参加してTDパスレシーブを決めるシーンが象徴するように、サイズの割にはフットワークが素晴らしいです。また、大学王座決定戦で、NEに1巡指名されたRBソニー・ミッシェルをビシッと止める場面も、さすがだなと思いました。

 ニーズ的には、パーフェクトであることも事実。ウチのランディフェンスは昨年、リーグ最低だったし、昨年のドラ1アレンやアイオアナイディス、ラニアーと、若手にラッシュ系が充実してきているので、置き石的なペインの加入でバランスが一気に良くなります。

 劇的なインパクトを見せる選手にはとても見えないですが、他の選手を活かす縁の下の力持ち、期待されるのは、そんな役割でしょうか。でもやっぱり1巡はインパクトプレーヤーが欲しかったですけど(まだ言ってる)。
nice!(3)  コメント(0)