So-net無料ブログ作成

IN & OUT

 その他の加入・流出を整理しておきます。

【IN】
CB ドミニク・ロジャース=クロマティ
 CBのデプス強化でベテランを加えました。去年のオフも確か獲得に動いた記憶があり、評価しているみたいですね。契約の詳細は出てこないですが、おそらくベテランミニマムに近い金額ではないかと。ウチのフロントは気に入らないことだらけだけど、好感が持てる数少ない要素の一つは、近年は常にCBのデプスを厚くすることを心掛けていること。CBは何人いても構わないというスタンスは支持します。

【OUT】
ILBザック・ブラウン →リリース
 去年オフに3年24ミリオンで契約延長しましたが、キャップスペース捻出のためにカットされました(5.75ミリオンのキャップセーブ)。PFFの評価では上位にランクされていましたが、コーチ陣と衝突していたようでそこが嫌われたようです。個人的にはフレッチャー大先生以来の守備陣の柱というイメージだっただけに残念。
 ILBは、メイソン・フォスター、2年目のショーン・ディオン・ハミルトンの他に、去年、獲得が問題になったリューベン・フォスターがいます。フォスターは確か告発か起訴が見送られたんでしたっけ。それでも、大本営からの数試合の出場停止処分は出るでしょうね。ただ、フォスターはグルーデンの大のお気に入りなので、おそらく戦力と考えているんでしょう。
 FA戦線では、CJモズリーの獲得に積極的に動いたらしいです。その一方で、有能なザック・ブラウンの放出しちゃって、どういう考えて動いているのかわかりにくいです。

DTステイシー・マギー →リリース
 この人もキャップスペース捻出のためにカット(2.275ミリオンのキャップセーブ)。サラリー高いくせにパフォーマンスはほとんど目立ちませんでした。ハズレFAでした。

Sハハ・クリントン=ディックス →CHI
 再契約のオファーを出したそうですが、CHIと1年3.5ミリオンの契約を結びました。そんなに評価の低い選手なのかと正直ビックリ。去年のシーズン途中、トレードで4巡出してまで連れてきたのは何だったのか。やっぱウチのフロントは見る目無いんだよなあ。
 ウチよりもCHIを選んだのも、なんか分かりますね。彼がトレードでウチに来た後、アスミスの離脱で泥舟状態に陥ったので、チームにいい印象はないと思います。なので、最初から再契約は難しいだろうなと思ってました。
 
WRモーリス・ハリス →NE
 RFAでしたが、まさか梅テンダーも出さずにUFAとなり、NEと契約しました。梅テンダーの2ミリオンに値する選手でないということですか。6-3の身長でキャッチ力も高く、ウチの貧弱なレシーバー陣ではトップ3の選手だと思っていたので意外でした。脳震盪が多いのが敬遠された理由でしょうか。




nice!(0)  コメント(0)