So-net無料ブログ作成

7勝9敗でシーズン終了

 すみません、更新を長いこと怠ってました。日本に戻ってきてから、どうも感情移入しきれないです。唯一の息抜きであるアメフトに熱くなれないのは本当に寂しいです。

 さて、シーズンが7勝9敗で終わりました。試合をちょっとしか見ていないのですが、敗因を羅列してみると。。。

1)接戦の試合を勝てなかった
 特にKC、NO戦を落としたのが痛かった。この二つを勝っていれば、9勝7敗。

2)怪我人多すぎ
 インジャリーリザーブ20人! OLはスターターが3、4人不在というのが当たり前になり、ランは出ないし、バスプロはボロボロ。ディフェンスはドラ1DLアレンが離脱してから、ランディフェンスが崩壊。名前も聞いたことのないストリートFAがゴロゴロとスターターを占め、これではどうにもならないって感じでした。

 ただ、そこそこ実績のあるベテランを連れてこないで、無名選手でパッチワークを続けたフロントの姿勢は疑問。勝つ気あんの? あと、Sスエアリンジャーがチームメートの体調管理に不満を示す発言をしていたけど、チーム全体のコンディショニングはどうなってんの?

3)レシーバー陣のレベルダウン
 ガーソン、デショーンの両エースがFAで抜けたけど、何とかなると甘く見ていたのが失敗。プライアーの加入とドクトソンの成長で戦力ダウンは最小限に抑えられるとワタシも見ていたんですけどねえ。プライアーは全くフィットせず、ドクトソンもブレイクしきれず。肝心のTEリードも怪我ばっかり。

4)エースRBの不在
 ワタシはOLが良ければ、RBは誰でもいいという甘い考えをしていたんですけど、今年はさすがにRB陣が貧弱過ぎましたねえ(3rdダウンバックのトンプソンを除く)。FA市場に残っていたADあたりを獲りにいってもよかったんじゃないかなあ。PHIはブラントがいながら、アジャイをトレード補強して大成功していいたし。ブツブツ。

5)相変わらずランが止まらない
 毎度、これだけはダメですねえ。DLにはFAでそれなりに投資したのにまたしても失敗。ランに強いDIとザック・ブラウンクラスのILBがもう一人欲しいっす。


 近年、ドラフトがそこそこ当たっているので、8勝前後できるチームにはなってきました。オフの補強を当て、コンディショニングをしっかりやって怪我人をある程度抑えられれば、「プ」も狙えるチームだと思うんすけどねえ。

 で、オフの動きですが、最大の焦点はカズンズの去就。グルーデンの発言もどうしても引き留めたいって感じではないし、移籍が既定路線のような雰囲気になっているのが怖すぎる。ワタシはカズンズでSB狙えると本気で思っているので、フロントが移籍を許したら発狂しますw

※追記
もう一つ大切な敗因を書き忘れました。

6)OCショーン・マクベイの引き抜き
 やっぱこれは大きかったですよ。明らかに去年までのクリエイティブなオフェンスが消えましたもん。個人的にはグルーデンからマクベイに政権移譲できないものかと思ってましたが、難しかったですね。マクベイ抜擢でV字回復のラムズ、羨ましいw




nice!(3)  コメント(8)