So-net無料ブログ作成

WEEK9まさかの勝利

 どうせ負けただろうと思って大本営のサイトを覗いたら、なんとなんと。こんなこともあるんだ。

スキンズ 17-14 シーホークス

予言が当たった
 前回のエントリで「勝てるチャンスがあるとしたら、相手が4回ターンオーバーした場合のみ、かな」と書きました。SEAはラッセル・ウィルソンのINT2つとブレア・ウォルシュのFGミス3つ。ウチがファンブルロスト1つ。FGミスも事実上のターンオーバーと解釈すると、ターンオーバーディフェレンシャルは+4。ピッタリじゃないですか。ふふふ。

 スキンズファンは自滅で負けることは嫌というほど見てきたけど、相手の自滅で勝つなんてほとんど記憶ないっす。

それにしてもよく勝った
 ・主力が怪我でごそっと欠場
 ・OLはスターターが4人欠場
 ・トータルネットヤードは相手が200ヤード近く多い
 ・被サック6回

 OL陣はRTモーゼス以外はみんな代役で、名前もほとんど聞いたことのない選手ばかり。開幕ロースターカットされていたアリー・クアンジョーがいつの間にか戻っていたのね。

 ランは出ないし、カズンズはかなりプレッシャーを受けていた感じ。レシーバーもWRクラウダーとTEリードが欠場で、誰に投げればいいの、てな状態。このメンツではどうあがいても20点取れないだろうねえ。ホント、これでよく勝ったもんだ。

カズンズの根性を見た
 ハイライトで一番しびれたのは、最後のウイニングドライブでWRブライアン・クイックに通したパス。ヒットされるのを覚悟して、パスラッシュをギリギリまで引き付けて投げてました。コンマ何秒待てば通せると即座に判断したのは素晴らしいしかいいようがないです。

 続くWRドクトソンのミラクルキャッチもすごかったですな。やっとドラ1の本領発揮、と言いたいところだけど、お前に対する期待はもっと大きい。そろそろ1試合100ヤード越えも見せてくれ。

プレーオフ戦線に踏みとどまる
 これで4勝4敗。負けていたら3勝5敗になっていただけに、ラッキーな勝利とはいえ、その意味は限りなく大きいです。大本営もRedskins save seasonと書いてましたね。

 続くMIN、NOとの2試合が正念場。これを1勝1敗で乗り切れたら、終盤は比較的対戦カードが楽なので、まだまだチャンスはあると思う。怪我している主力の復帰が必須条件だけど。
nice!(2)  コメント(3)