So-net無料ブログ作成

次はアウェーでBAL戦

 次は強力なディフェンスが復活してきた感のあるBAL。今のウチの実力が見えてくる試合になる気がします。

対BALディフェンス
 今年のBALはチラッとしか観たことがなく、ディフェンス好調の要因がよくわからないのですが、伝統的にタフなフロントセブンが牽引していると想像します。ウチのOLがどこまで対抗できるかが最大のカギ。今年のOLはPFFランキングで4位と好調で、パスプロもランブロッキングも安定しており、そんなに一方的にやられる展開にはならないと予想します。ただ、CLE戦のようにランがサクサク出る展開にはならないことは間違いないので、パス中心にならざるを得ないでしょうねえ。プレッシャーがきついだろうから、カズンズはモタモタしてアホなサックをもらわないよう早め早めの判断で。
williams-suggs_player-matchup.png

対BALオフェンス
 毎週ザルのように走られまくっているランディフェンスをどこまで修正できたか。個人的にはかなり悲観的。BALは伝統的にランヘビーのチームだしなあ。Sデービッド・ブルートンをIR入りさせてまで獲得した新加入のSダンテ・ウィットナーに期待したいところですが、いきなりは難しいか。

 CBバシャード・ブリーランドとデイション・フィリップスは今週もアウト。WRスティーブ・スミスにはジョシュ・ノーマンが張り付き、マイク・ウォレスには2年目のクイントン・ダンバーがマークすることになるんでしょう。ダンバーがウォレスから一発をもらう展開が一番コワいです。

 ドラ2LBスア・クレイブンズは脳震盪のプロトコールでアウト。以前に比べて脳震盪から復帰するまで時間がかかるようになりましたね。クレイブンズは守備陣で数少ない楽しみだっただけに残念。

 あと、リーグ最悪の3rdダウン更新率をなんとかせい。これが勝負の分かれ目。
theory (セオリー) 公式通販サイト