So-net無料ブログ作成

ドラフトニーズ

 ドラフトが今週になりました! ポジションごとにニーズをおさらいしておきます。

QB
 カズンズ、コルトのワンツーパンチが確定で、必要なのは3番手。グルーデンが「QBを育成したい」と言っているので、6~7巡で獲る可能性は十分アリ。ワタシの希望はコーディ・ケスラー(USC)。ワタシは意外と気に入っていて、なぜこんなに評価が低いのかよく分かりません。グルーデンオフェンスにフィットしそうなのはケビン・ホーガン(スタンフォード)ですが、肩が弱そうなので、個人的には7巡で残っていたら獲ってもいい、くらいの感じ。

RB
 エースのモリスが移籍する一方、FA市場から誰も連れてこなかったので、指名することは間違いなし。2年目マット・ジョーンズに全幅の信頼を置けない状態であることを考えると、2~5巡のどこかで指名があるでしょう。素人のワタシにはRBの見極めは全くできず、映像を見ても誰がいいのかサッパリ分かりません。とりあえず、グルーデンオフェンスとの相性を考えると、レシーブのうまいRBを獲ることだけは間違いないです。

WR
 プライオリティは断然ディフェンスだけど、最近、1巡で行く可能性があると感じ始めているポジション。CBジョシュ・ノーマンとの大型契約で、来年FAになるガーソン、デショーンとの再契約が怪しくなってきたことがその理由。去年のドラフトボードではアマリ・クーパーをブランドン・シャーフより上に位置付けていたらしく、GMマクルーエンがBPAでレシーバーを獲る可能性は十分あります。ワタシの一押しはジョシュ・ドットソン(TCU)。次はコーリー・コールマン(ベイラー)。

TE
 怪我人が多いけど、バーノン・デービスのFA加入で指名はないでしょう。

OL
 優秀なCが欲しいですねえ。1巡でライアン・ケリー(アラバマ)にいっちゃうか、2巡でニック・マーチン(ノートルダム)を狙うか、3巡以降で誰かを獲るか、今年は現有戦力でいくのか。う~ん、ホント判断が難しい。ディフェンスのほうがプライオリティが高いだけになおさら。

DL
 1巡21位の有力候補。ワタシの一押しはシェルドン・ランキンス(ルイビル)ですが、21位までは残ってないでしょうねえ。となると、エーション・ロビンソン(アラバマ)、ジャラン・リード(同)、アンドリュー・ビリングス(ベイラー)あたりですかね。DLは今年大豊作らしいので、デプスの若返りのために、2人指名を希望。

OLB
 充実しているので指名する必要はないと思うんだけど、パスラッシャーに対するGMマクルーエンのこだわりは強いので指名の可能性はアリ。プレビジットを含め、ノア・スペンス(東ケンタッキー)と2回も面談しているのがちょっと気になる。トップテンレベルのタマだと思うけど、個人的には素行に不安のある選手はスルーしてほしい。

ILB
 主要ニーズであることは間違いないんだけど、どのあたりの順位で獲りに行ったらいいのかサッパリ分かりませぬ。レジー・レグランド(アラバマ)のようなランストッパータイプがいいのか、ダロン・リー(オハイオステート)のようなパスカバーもできるスピードタイプがいいのか。ランディフェンス強化が最優先であることを思うと、ツーダウンプレーヤーとの評価があるレグランドでもいいかなーという思いもあります。

CB
 ノーマン加入で主要ニーズから外れました。ただ、有能なCBは何人いてもいいので、BPAで指名する可能性は十分あるかと。ウィリアム・ジャクソンIII(ヒューストン)が気に入っているけど、さすがに1巡をCBに費やすことはないでしょうね。


 デービッド・ブルートンがFA加入し、主要ニーズからは外れました。ただ、Dホールの年齢を考えると、余裕があるなら3日目でいいから指名したほうがいいでしょうねえ。