So-net無料ブログ作成

アラバマコンビ

 試合の後はどの選手がどのくらい出場したか、いつもスナップ数をチェックしているのですが、GB戦で驚いたことがありました。それはDL陣のスナップ数。守備陣の全スナップ数は69でしたが、そのうちDL陣はこんな感じ。

Jonathan Allen: 65
Daron Payne: 64
Matt Ioannidis: 18

 この試合、DLは5人アクティブでしたが、出場したのは3人だけ。しかも、アレンとペインのアラバマコンビは9割以上出ています。DL陣は通常、ローテーションで、スナップ数が多い選手でも30~40程度。2人のDLがほぼフル出場なんて、初めて見たわ。

 ワシントン・タイムズにはさっそくこんな記事も。これによると、グルーデンは「可能な限り出したい」と、首脳陣がアラバマコンビに絶大な信頼を置いていることが分かります。

 ワタシはペインをツーダウンプレーヤーだと思っていましたが、パスシチュエーションでも下げられていないということは、ラッシュ力も評価されているんですね。

 ただ、出ずっぱりだと疲れないですかね。少しローテーションしてリフレッシュさせなくてもいいものか。他のDLとの実力差が大きくて、できるだけローテーションしたくない、ということなんでしょう。個人的には、ブレーク中のアイオナイディスをもっと出してもいいと思うんですけど。ドラ5ルーキーのティム・セトルの出番が少ないのもちと寂しい。

 いずれにせよ、2年連続でドラ1を投資したアラバマコンビが当たりだったということで何よりデス。

 あと、元スキンズのCBブリーランドがGBとサイン。再就職先が決まってめでたし、めでたし。中の上の能力があるのに、今までチームが決まらなかったこと自体が謎。




nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。