So-net無料ブログ作成

来年の補償ドラフト指名権は4つ

 今年はウチのFA選手がバンバン売れたので、来年の補償ドラフト指名権は4つもらえそうです。補償ドラフト指名権予想では、ほぼ100発100中の的中率を誇るOver The Capが言っているので、間違いないでしょう。
hoten.jpg
 カズンズの大型契約はぶっちぎりなので、3巡指名権でも最上位。それでも、カズンズ移籍の見返りがたった3巡ポッキリというのは不満ですけど。

 Cスペンサー・ロング(NYJに移籍)が5巡、WRライアン・グラント(INDに移籍)とWRテレル・プライアー(NYJに移籍)がともに6巡。

 大きな誤算は、CBバシャード・ブリーランドがCALと3年24Mで合意したのに、フィジカルテストに落ちておじゃんになったこと。そのまま契約していたら、4巡もらえたのに。。。

 グラントもフィジカルテストに引っかからず、BALと4年29Mの契約を結んでいたら、6巡ではなく、4巡相当でした。。。

 BUFに移籍したOLBトレント・マーフィーも大型契約だったので、補償ピックの対象ですが、これはWRポール・リチャードソンのFA加入と相殺されました。

 で、もらえるのは結局、3巡、5巡、6巡、6巡の4つ。ウチは毎年FAショッピングで買いまくっているので、こんなにもらえるのは、ワタシのファン歴では初めて。ただ、当たり年だった2014年ドラフティーを引き留めずに流出させまくったんだから、そりゃそうかって感じで、生え抜きなんだから少しは引き留めてほしかったという思いはあります。でもまあ来年のドラフトが楽しみになりました。
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。