So-net無料ブログ作成

ドラフト後のニュース

 ドラフト後の細かいニュースをまとめて。

Gショーン・ロヴァオと再契約
 ドラフトでGを指名できず、FAになっていたロヴァオと再契約。スターターがぽっかり空いている状態では、こうするしかないですわな。ロヴァオの難点はケガが多いこと。契約の詳細が分からないですけど、開幕ロースター確定というより、保険に近い契約じゃないかと推測。

 ドラフトでなぜGを指名しなかったのかが疑問だったんですが、ダグ・ウィリアムスによると、ドラフトで指名したかったけど、その順位でほしいGが残っていなかった、ニーズでもリーチはしたくなかったとのこと。それなら、まあしょうがないでしょう。

DLテレル・マクレインをリリース
 ドラフトでDLを2人指名して弾き出されました。去年のオフ、4年21Mの契約で加入したけど、キャンプ時から評価は散々で、開幕ロースターも危ぶまれていました。完全なハズレ。ホント、ウチのフロントはDLを見る目がない。

ルーキーFA13選手とサイン
 今年は穴だらけのせいか、開幕ロースター狙えそうな選手がゴロゴロしてます。大本営の20 undrafted rookies in most favorable situationsという記事で、ウチのルーキーFAが3人占めています。その3人をちょこっと紹介。

Cショーン・ウェルシュ(アイオワ大)
 もともと7巡かUDFA候補だったので、特にバリューな感じではないけど、ウチのインテリアラインマンの層の薄さを考えると、チャンスは大アリ。LGなんてロヴァオとクアンジョーの争いだなんて。アイオワ産というのも期待感アップw

Sクイン・ブランディング(バージニア大)
 4~5巡候補と言われていましたが、スピード不足を嫌われてスリップしました。6-2のサイズ、4年間スターターを務めた経験、インターセプト10回の嗅覚と、好材料が揃ってます。ただ、ハイライトを見る限り、動きがもっさりしていて、プロで通用する雰囲気はしないですけど。。。

WR De'Mornay Pierson-El(ネブラスカ大)
 リターナーとして期待されている模様。去年はクラウダーがマフ連発の上、リターンも冴えなかったので、これまたチャンスはありそう。ただ、リターンの一発芸だけだでなく、レシーバーとしても能力を示すことが不可欠でしょう。
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。