So-net無料ブログ作成

カズンズとの長期契約は?

 フランチャイズ指定選手と長期契約を結ぶデッドラインが近づいてきましたが、カズンズとは長期契約を結ばずに1年契約でプレーする可能性が高まっている、という情報が出ています。

 う~む。長期契約を見送るのはリスキーな気がするなあ。今年も去年並みの活躍をした場合、2年連続のタグ貼りとなって、サラリーは2割増しの年24ミリオン。大型契約を結んだラックと同レベルとなります。去年並みの活躍なら24ミリオンもべらぼうな値段ではないだろうけど、長期契約交渉が一段と難しくなります。

 個人的にはカズンズのバリューは年15~16ミリオンだと思っていたんですけど、ラックの契約が示すようにQBサラリーの高騰ぶりを考えると、年20ミリオンはしゃあないと覚悟を決めました。5年100ミリオン、50ミリオン保証でどうだ! 年平均20ミリオンで2・5年分の保証。活躍が実質1年の選手にはこれが限度じゃないかと。

 長期契約交渉がまとまらないのは、フロントがカズンズの実力をまだ疑っているということなんでしょうねえ。もう一年様子を見たい気持ちも分けるけど、QBというポジションの重要性を考えると、目算を誤って流出させてしまう事態だけは絶対に避けないといけないです。そのリスクを回避するには、長期契約を結んじゃう、これしかないと思うわけです。QBサラリーの相場は異常に高騰しているので、契約を遅らせるほど結局は高くつくし。今思うと、サム(PHI)とオズワイラー(HOU)が分不相応な契約をゲットする前にとっとと長期契約を結んじゃって欲しかったw

 GMマクルーエンはドラフトを中心に本当にいい仕事をしてくれていますが、QBのチョイスを誤ったらすべてが水の泡。ここだけは絶対に外さないでほしいです。

おまけ ルーキーイヤーにデズを封じ込めたCBブリーランドのハイライト映像。いや~、シビレますなあ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

てつ

Adam Schefterのレポートによりますと、長期契約が合意に至らないのはスキンズ側が原因と言うよりも、カズンズ側が今年のパフォーマンスにかなり自信を持っていることから来ているようです。つまり、去年の成績をもとにここで長期契約を結ぶよりも、今年はフランチャイズタグでプレイし好成績を残し、来年さらなる高額な長期契約を結ぶという目算らしいです。
Adam Schefterもオズワイラーの契約を比較に出しており、もしカズンズが去年以上の活躍をすれば、オズワイラーの4年76ミリオンよりも高額をオファーするチームがいくつか出て来るだろうと言っています。カズンズもレシーバー陣のアップグレード、スターターとしてのキャンプ入りなどから、去年以上の実績を残す自信があり、今長期契約を結ぶメリットを感じていないのでは、ということらしいです。
ソフィアさんのおっしゃるとおり、オズワイラーの前に契約しちゃいたかったですね~。この状況だと確かに年20ミリオンをスキンズが提示しない限り長期契約は難しいかもしれませんね。何とか契約にこぎつけてほしいです。
by てつ (2016-07-01 10:06) 

ソフィア

確かに現在の状況はカズンズに有利ですねー。レシーバー陣の充実で今年も活躍できる可能性は高いし、QBサラリーの高騰傾向を考えると契約は遅らせたほうが得だし。希望額でないなら、焦って長期契約を結ぶ理由はほとんど見つからないですね。

フロントの交渉手法に不満を感じるのは、最初できるだけ値切ろうとしていたことですね。値切ろうとグズグズしているうちに、QBサラリーの相場が異常に高騰し、交渉ポジションがどんどん不利になっていく。カズンズの代理人もやり手だわ。
by ソフィア (2016-07-02 13:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0