So-net無料ブログ作成

新GM記者会見

 ダラス負けた! イエイ!

 遅くなりましたが、金曜日に新GMマクルーエンの記者会見が行われました。43歳にしては恐ろしく落ち着いていると感心。年齢に関係なく、有能な人材はどんどん登用されるアメリカは、日本人とは成熟の早さが違う気がするのですが。

 最初の記者会見なので、まあ当たり前ですが、安全運転というか、特にキャッチーな発言はなかった気がします。地元メディアで読んだ限りですが。主な発言内容はこんな感じ。

1)ドラフトはチームの生命線
2)ドラフトはニーズよりBPA優先
3)ドラフト指名選手がチームの中核となり、再契約するのがベスト
4)ラインマン、WR、DBはサイズ重視
5)RG3の判断は保留。あきらめるのはまだ早い

 1~4までは今のシアトルにぴったり当てはまる補強戦略ですね。コーヒーじゃないけど、シアトルスタイルに憧れる者(スタバもシアトルズ・ベスト・コーヒーも大嫌いだけど)として、大いに支持したいです。

 ドラフトのBPA重視は、楽しみではあります。ただ、ウチはディフェンスを中心に穴だらけで、ある程度ニーズは埋めないとシーズンを乗り越えられないので、ドラフトをBPAで行くなら、FAでそれなりに動く必要があるように思います。ドラフト指名選手が成長するまでのつなぎとして、FA戦線で賢く動いてくれることを期待したいです。
 
 RG3に関する発言は、まあこんなもんでしょう。最低、もう1年は様子を見るという合意がスナイダー、アレン、マクルーエンの3者でできている気がします。

 バーノン・デービスやフランク・ゴアらマクルーエンがSFで指名した選手がウチに移籍するのではないかとのウワサもありますが、どうですかね。ビッグネームの大ベテランを連れてくるのは、シアトルスタイルに合わない気がしますけど。ただ、キャップの関係で放出されそうなOLBアーマド・ブルックスには興味アリ。ブルックスなら獲りに行く価値は十分あるんじゃないかと。

 DCを誰にするかは、グルーデンに一任するとのこと。ここに来て、エリック・マンジーニの名前も浮上。ワタシにはあの人が本当にマンジーニアスなのかどうかよく分かりません。あの陰湿なキャラはどうも好きになれないので、個人的にはパスしたいです。もうウェイド・フィリップスでいいじゃん。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

てつ

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。年末年始旅行に出ていたため、フォローできませんでした。

新GMビックニュースですね。あまり過度な期待はしない方が良いと自制しつつ、あのオーナーが初めてGMらしいGMを雇ったということだけでも大きな変化ですよね。

プレイオフ、やっぱり強いチームは強いですね。試合も面白いです。QBはやっぱり大事だなあ。ラックとRGIIIがこんなにかけ離れてしまうとは。
by てつ (2015-01-12 11:12) 

JJ#66

改革の一歩が始まりましたね、マクルーエンGMの1)~5)の主張は当然ですね、それを体現できるかが問題です、外野の声、自滅(お酒?)に負けないよう、“腐ったチームカルチャー”を叩き直して頂きたい。

マクルーエンのQB観で(1)HCが好むQBを提供する、(2)2012年ドラフトではカズンズを推していた、とありましたが(1)はこれも当然、RG3は自分の立場を理解しこのオフはQB論を座学から学習しなければQBとしての君の将来はないでしょう、君は決してセレブではない事を自覚しなければなりません、ハッキリ言って君のメッキははがれました。

RG3がイップスではないか?との話がありましたが、自分はカズンズの方がイップスになっているのではないかと心配していますが、彼もQB論を座学から学習しなおしです、可能性が見られるのであれば残ってもらいたいですけどね・・・。

自分が言うまでもなくグルーデン好みの経験のあるベテランQBをとってRG3とカズンズの指南役となってもらいたいですね、彼らはまだ若いQBですから、と言ってもQBレイアウトがガラっと変っているかもしれませんが。

モックドラフトを見るとアイオワ大のOTがあがっていました、現実でもピックしてもらいたいですね。

プレーオフのゲームを少しずつガジリ見していますがNEの強さには恐怖さえ感じました、選手・コーチ陣、それをマネージメントするチームフロントのFBIQの高さを感じました、憧れますねぇ。

2015シーズン開幕をどのようなチームでむかえるのか今から楽しみです。

それとどうしても言いたい、スナイダーさん、“腐ったチームカルチャー”にしてしまったのもあなただ、それを立て直す事が出来るのもあなただ、大事な事に本当に気が付いて欲しい。

Hail

by JJ#66 (2015-01-12 12:15) 

ソフィア

てつさん>
明けましておめでとうございます。旅行に行かれていると思っていましたw 新GMの採用はポジティブな方向性であることは間違いないので、気分的にも少しポジティブになりますね。

JJさん>
ワタシもOL指名は大歓迎なのですが、RTを全体5位で獲るのはどうなのよって思ったりします。ワタシもモックをチェックし始めたのですが、DTウィリアムズとWRクーパーが残っていない可能性が高く、難しいポジションだと感じています。

>NEの強さには恐怖さえ感じました、選手・コーチ陣、それをマネージメントするチームフロントのFBIQの高さを感じました

同感です。ああゆう勝ち方はウチには死んでもできないですね。あらゆる分野でチームとしての次元が違いすぎます。
by ソフィア (2015-01-13 04:39) 

JJ#66

私にはパーカのフードをかぶってサイドラインに立っているベリチックの姿がジェダイ・マスターに見えてしかたありません、絶対に彼は“フォース”を使っていますよ(笑)。
by JJ#66 (2015-01-13 07:25) 

黄金郷

ご無沙汰しています。

McCloughanが49ersのGMを辞めたとき、詳しい理由が分からなかったのですが、最近になってそのアルコール依存の実態が報道されました。

ソフィアさんが書いているように、あの年齢でGMになれたのはアメリカならではですが、そこには「夜も寝ずに働く」というMcCloughanの仕事スタイルがあったようです。家庭も顧みずに働いたため、奥さんの弁護士から離婚を言い渡され、寂しさを紛らわすために酒に溺れて生活が荒れ、見るに見かねたオーナーがGM職を解いたということらしいです。

心底、NFLのGM職が好きなのだと思いますが、自分の体や人生のことも考えて働いて欲しいですね。

TE Vernon Davisは今シーズン調子を落として、年俸との兼ね合いで放出候補に上がっています。しかし、控えのTEが3人とも怪我でIRに入ってしまった上、ドラフトでは有望なTEがいないので、残留するのではないかと言われています。

RB Frank Goreは32歳になるので、FBとしてはピークは過ぎてます。本人もそれは分かっていて、高給を望んではいないでしょう。基本は49ersに残留したいけど、今年はHCとOCが交代するので、新しいコーチ人事をみて決めるそうです。

Brooksは放出の可能性が高いです。Redskinsで先発になれるのかどうかは分かりませんが。
by 黄金郷 (2015-01-13 12:54) 

ソフィア

>家庭も顧みずに働いたため、奥さんの弁護士から離婚を言い渡され、寂しさを紛らわすために酒に溺れて生活が荒れ

そういう経緯があったんですか。そこまで頑張ったからこそ若くしてGMまで登り詰めたんでしょうが、犠牲にしたものも大きかったようですね。今はプライベートの生活が安定していることを願うばかりです。情報がありがとうございます。

TEとRBはニーズではないので、やはりパスラッシャーのブルックスが魅力的です。バリバリのスターターではないでしょうが、ウチ的には若手とローテーションでの起用するのにちょうどいい選手に映ります。
by ソフィア (2015-01-13 14:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0