So-net無料ブログ作成

謹賀新年 & DC探しの旅

 新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。ワタシは昨年末から続く風邪で新年早々頭痛に悩まされ、寝正月になっておりますが、スキンズの行く末を暗示するものでないことを切に願っておりますw

 さて、ハズレット退任に伴うDC探しの旅が始まりました。1日の時点で浮上した名前はこんな感じ。

 ・Vic Fangio(SF・DC)
 ・Ed Donatell(SF・DBコーチ)
 ・Joe Barry(SD・LBコーチ)
 ・Wade Phillips(前HOU・DC)
 ・Raheem Morris(スキンズDBコーチ)

 SFディフェンスはいつも惚れ惚れとさせられるので、SFから2人も名前が挙がっているのはウエルカム。 Fangioが来てくれたら最高だけど、SFのHC候補に挙がっているし、DCで招聘するのはキビシイと思う。インタビューの許可ももらえてないし。

 DonatellはGB(2000-03)、ATL(04-06)でDCを務めており、経験豊富。BarryもDET(07-08)にDC経験があるけど、アレン、グルーデン、ラヒーム・モリスらとコネを持つTB人脈なので、個人的にはそれだけでスルーしたい。

 ワタシの第一志望ウェイド・フィリップスの名前が挙がっているのもウレシイですね。

 31日に行われたGMアレンの記者会見ですが、翌日付の地元紙はボロクソに書いていました。「今までアレンがメディアの取材を拒否し続けてきた理由が分かったよ。何も考えてないじゃん!」てな感じでした。会見での発言を通しで読んではいないのですが、フロントやチーム改革の必要性を認めつつも、具体的な方向性については何一つ語らなかったようです。

 強欲オーナー(スナイダー)、TB人脈の子飼いHC(グルーデン)、扱いの難しいフランチャイズQB(RG3)の間に挟まれ、思考停止状態に陥っている印象を受けます。球団社長兼GMという要職にある人物が何もビジョンも示せず、主導権も発揮できないこの状況では、チーム状態を好転させるのは困難に見えます。

 それでも、GM交代には反対。この状況では誰がGMやっても何もできないです。むしろ、現時点では調整型のアレンがベストの人材じゃないかと。ただ、編成面の手腕は全く期待していないので、そこだけはいい人を連れてきて欲しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0