So-net無料ブログ作成

Cooley's List

 今年は辛うじてブラックマンデーを回避できました。一時は今年もHC交代確実かと思ったんですが。グルーデンは会見で、ハズレットを引き留めたいと発言したようですが、どうでしょう。さすがに今シーズンの成績では、誰も責任を取らずに済むとは思ってないでしょう。先輩コーチの顔を立てるコメントだとワタシは受け止めましたが。

 さて、今や超激辛スキンズ専門アナリストとして名を馳せているのが、クリス・クーリー。そのクーリーが来季に絶対残すべき選手、サヨナラすべき選手をそれぞれ10人ずつ挙げています。我々凡人とはちょっと異なる見方が満載で、ヒマなオフの妄想ネタとしてとっても興味深いのでご紹介します。

キープすべき10人(契約下にある選手も含む)
1. Keenan Robinson 2. Trent Williams 3. DeSean Jackson 4. Bashaud Breeland 5. Kirk Cousins 6. Kory Lichtensteiger 7. Ryan Grant 8. DeAngelo Hall 9. Trent Murphy and Ryan Kerrigan 10. Tress Way.

 ふ~む、ILBキーナン・ロビンソンがトップですか。地味な選手なのでちょっと意外な感じがする半面、分かる気がする。タックルの上手さ、パスカバーのできるサイズとスピード、リーダーシップと、どれを取っても一級品。ケガが多いのが玉に瑕だけど、守備陣は彼が中心になっていくんでしょうね。

 この後、LTトレント、WRデショーン、CBブリーランドと順当に続き、びっくりなのが、カズンズの5位ランクイン。うはっ。クーリーはカズンズの潜在能力を高く買っているんでしょう。本人はトレードで他チームに出たがっているみたいだけど、グルーデンはどう評価しているんでしょうか。

 6位にCリクテンスタイガー。OL陣はトレントを除いて総入れ替えが必要だと思っていたので、リクテンスタイガーの高評価はちょっと意外。ワタシはOLの見方がよく分からないので、ああそうなんだって感じ。

 7位は今季ちょっとしか出番がなかったルーキーのWRグラント。確かにプレシーズンの活躍を見る限り、かなり楽しみな選手。絶不調ガーソン、期待外れロバーツに代えてどんどん使って欲しいです。

 アキレス腱を2度断裂したホールが8位。コンディション、戻るんですかねえ。

 ワタシがリストを作るなら、ケリガンを1位に持ってきますが、クーリーの目には9位と低め。これまた意外だ。

 RBモリス、TEリードといった主力選手が入っていないのも意外。ホント辛口ですわ、この人。

サヨナラすべき10人
1. Ryan Clark 2. Andre Roberts 3. Josh LeRibeus 4. E.J. Biggers 5. Brandon Meriweather 6. Roy Helu Jr. 7. Robert Griffin III 8. Leonard Hankerson 9. Tyler Polumbus 10. Logan Paulsen and Niles Paul

 クラーク、ビガーズ、メリウェザーのベテランDB陣が上位にランクイン。クーリーはシーズン中からクラークにボロクソでした。ワタシ的には、クラークはウチのDB陣では悪くないように見えましたけどねー。プロの見方は全然違うようです。

 FA加入のWRロバーツが2位。2位というのはちょっと厳しすぎる気がするけど、期待ハズレという点では激しく同意。とにかくドロップ多すぎ。サンタナ・モスのほうがはるかにいいと思う。何が良くてロバーツを獲ったのか、さっぱり分からない。

 RBヘルーが6位というのも意外。今季はキレキレに見えましたが。ブリッツピックが下手みたいです。確かに開幕戦でパントブロックをくらったのはヘルーの責任でしたね。

 RG3が7位。クーリーは反RG3派なわけですね。あんだけRG3をボロクソに言っていれば当たり前か。

 10位にポールセン、ポールの両TE。プロボウルTEから見ると、2人とも相当イマイチなわけですね。


 とまあ、素人的な見方とはかなり違っていて、とっても興味深いです。この際、クーリーをフロント入りさせて、チーム編成に関与させたら面白いと思うんだけど、どうでしょう。まあ、反RG3派であるという点でそれはあり得ない話ではありますが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0