So-net無料ブログ作成

プレシーズン2戦目

スキンズ 24―23 ブラウンズ

今日のRG3
 6/8、112ヤード、0TD、1INT
 う~ん。OLが押されっぱなしの中ではよくやったほうかなあ。あのINTだけはマズかったっすね。プレッシャーを受けて苦しまぎれに投げたという感じだったんで。

 やっぱり気になるのは、スクランブルからのスライディングの下手さ。いつケガしてもおかしくない転び方の連発に見てて怖くなりました。プレシーズンになんでそんなに無理すんのよ。もう5ヤード手前でなぜスライディングできないのか。これはもう治らないんだろうなあ。この試合を見て、RG3はやっぱりケガのリスクが高いことを痛感。ウチは今年も第3QBが必要だと確信しました。てことで、コルト君の残留決定w

ファーストチームOL
 やばいんじゃねーの。フロントセブンが強力なCLEとはいえ、ほとんどまともにパスプロが持ちませんでした。特に右サイド。RG3が壊れないか、リアルに心配になってきた。。。

グルーデンのプレーコール
 プレシーズン初戦はランヘビー、そして今日はパスハッピー。パスプロがひどかったので、もう少しランを出したら良かったと思うけど。まあプレシーズンなんでいろいろためしたいんでしょうね。

CLEの先発QB争い
 正直、これが一番の見どころだったんだけど、ホイヤーもマンゼルもひどすぎました。ガッカリ。あのコントロールが悪さは、とても先発争いをするQBには見えんかった。CLEのHCはプレ2戦目から40時間以内(だっけ?)にスターターQBを指名するとか言っていたけど、あの内容で選べるのかなあ。

 2人ともカイルオフェンスとの相性は良くないように見えました。カイルというとRG3との関係からリードオプションのイメージが定着しちゃっているけど、カイルオフェンスの神髄ってリードオプションじゃないと思うんですよね。元祖RG3が「カイルはQBにプレーコールをそのまま遂行することを求める」と言っているように、決められた位置に正確に投げ込めるコントロールが絶対必要条件。なのに、2人とも決められた位置ではなくてターゲットに向けて投げるから、どうしてもタイミングがずれてしまう。カイルオフェンスとの相性だけで選ぶなら、正直、元祖RG3がベストチョイスと思えましたw

良かった選手
 CBバシャード・ブリーランド(ドラ4) ウワサ通りのフィジカルなプレーを連発。あのハードヒットは見ていて気持ちいいです。パスカバーも良かったし、1年目から十分戦力になりそう。それだけにマリファナ所持が発覚したのは残念。出場停止処分を受けるのかどうかは不明。生まれたばかりの娘のためにお金を稼ごうとアーリーエントリーしたのに何やってんだよー。

 WRライアン・グラント(ドラ5) 4キャッチ、44ヤード、1TD。プレ初戦に続き、スバラシイパフォーマンスを披露。ずば抜けたスピードがあるわけでもないのに、すぐにオープンになる。とにかくセンスの良さを感じます。

 WRアンドレ・ロバーツ(FA加入) RG3からの49ヤードレシーブはお見事。デショーン獲得で余剰戦力になった感がありましたが、十分使えることが分かったことは収穫。

反則多すぎ
 DBのイリーガルコンタクトとホールディング、ホントにレギュラーシーズンでもこんなに厳しくとるの? 3&20くらいでDBのイリーガルコンタクトでダウン更新とか何度もあって、ちょっとアリエナイ。見苦しい~、こんなのイヤだ~。




ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

青が好き

RG3のスクランブルは見てて危なっかしいですね〜。

ニュートンの決して無理をしないスクランブルを見習ってみてはどうかと思ってしまいます。
by 青が好き (2014-08-19 21:27) 

ソフィア

ホント、他のQBを見習って欲しいです。ここ一番で無理するなら分かるけど、無意味なプレシーズンですから、愚かとしか言いようがないです。野球選手でもあったラッセル・ウィルソンもスライディングがうまいですよね。
by ソフィア (2014-08-20 01:11) 

てつ

う~ん、不安になってきたあ。
NE戦は悪いところがあまり見えず、ソフィアさんのおっしゃっていたようにRBへのショートパスの多用など、新しい側面が見えてたのですが、昨日のオフェンスは。。。

もちろん一番不安な要素はRGIII。危なすぎ。練習中から投げ捨てるよう言われているのに、それが出来ない。プレシーズンであんなヒット受ける必要ないでしょう。本当勘弁してほしい。もちろんブロークンプレイからビックプレイを生み出したい、そしてそれが彼の持ち味でもあるんだろうけど、判断悪すぎ。何でスライディングもできないんだろう。ジェイソン・キャンベルができないのは分かるけど、運動神経抜群のRGIIIがなぜ?ちょっとは練習して欲しい。

ポケットパサーになるのは時間がかかるのは分かるけど、まだまだ先が長いなあ(本当に到達できるか)とちょっと不安に。あのポケットの中での落ち着きの無さ、確かにOLが押されていたとは言え、う~ん。

ところでマンゼル中指立ててるところ写真撮られちゃいましたね。やっぱり彼は未熟すぎるでしょう。
by てつ (2014-08-20 10:18) 

ソフィア

フランチャイズQBにこんなことを言っていいのか分かりませんが、プレシーズンにあんな無茶なスクランブルをする姿を見て、RG3って頭が悪いんじゃない?という気がしてきました。グルーデンはカイル・シャナハンと違い、RG3にオーディブルを認め、本人もこれに大喜びしていますが、RG3の知能でオーディブルってちょっと怖くなってきました。

ワタシはRG3がポケットパサーとして成功できるとは基本的に信じていないんです。なので、あのドタバタなポケットワークはあまり驚きではないんですが、コーチ陣にはRG3の持ち味を生かすプレーコールでなんとかサポートしてあげてほしいです。
by ソフィア (2014-08-20 12:17) 

げんまい

トップレベルのスクランブラーQBって異様な平均ヤードやロングゲインを叩き出しますが、あれってあの状態って、一種のパニック時に常人とはかけ離れた集中力と身体能力を発揮するタイプじゃないかと思ってます。
RGIIIもそうですが、スクランブラーQBはRBともWRとも違うルート取りで、体の事より目先の数ヤードに全力するキックオフ・パントリターナーに近い走り方だと思います。
RGIIIはポケットから外の危険性が高い状態でこそ集中力を発揮して、パスもランもできる。そこが驚異的なんじゃないかと思ったりします。

デザインドロー系のラン強制は不要で怪我の危険が増えるだけ。ポケットに留まるといった制約をするのも集中力に悪影響を及ぼすだけという気がします。
1ヤードでも多くに全能力を発揮する。怪我を恐れていては驚異的な能力を封印してしまう・・・ そんなタイプに感じます。
by げんまい (2014-08-20 23:35) 

ソフィア

確かに、RG3のスクランブルを見ると、後先考えず1ヤードでも前に、という走り方ですね。安全なスライディングをするには数ヤード手前からスピードを落とさないといけないのに、ギリギリまでトップスピードで走ってしまうから、本当に危ないです。

それが彼の持ち味であると思うんですが、3度目のACLをやったら本当に今度こそキャリアエンドになってしまいます。なので、彼の持ち味を奪ってでも、安全を優先すべきだとワタシは思っています。かといって、純粋なポケットパサーになれるとは信じていません。RG3のアイデンティティって何なの?ってことになりますが、個人的にはケガをしない範囲内でモビリティーを最大限生かす道を模索するしかないのでは、と思っております。
by ソフィア (2014-08-22 04:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0