So-net無料ブログ作成

プレシーズン初戦

スキンズ 23-6 ペイトリオッツ

 プレシーズンは強いんだよなー。去年は4戦全勝だったと記憶。ファンは「もしかして強いんじゃね」と勘違いさせられてシーズンに突入し、結局、地獄に突き落とされるのが恒例行事。勝ち試合を見られるのは楽しいけど、弱点をさらけ出したほうがいいと思うんだけど。この試合も、ミスがほとんど思い出せないほどの完勝でした。

 一番注目していたのは、やはりRG3。FGに終わったオープニングドライブだけ出場して、2/4、9ヤード。これだけじゃ評価しようがないんだけど、ポケットワークは落ち着きがなくドタバタしていた印象。チェックダウンでRBにパスするなど、早め早めの判断を意識していた印象は受けました。ただ、いつも思うんだけど、RG3のチェックダウンってなんでこうぎこちないんだろう。

 スキルポジションばっかだけど、この試合、とても良かったと思ったのはこの3人。

WRアルドリック・ロビンソン(2011年ドラ6)
 ガーソン&デショーンの両スターターが欠場したため、先発に抜擢されました。とにかくキレキレ。インコンプリートになっちゃったけど、RG3からのパスを競り合いながらキャッチしたのはお見事。去年に比べてキャッチングが随分向上したなあ。3キャッチ、45ヤード、1TD。

WRライアン・グラント(今年のドラ5)
 キャンプ中から「コイツはすげーぞ」とウワサになってましたが、その通りのプレーを連発。センスの良さを感じますねー。開幕ロースターは確定。3キャッチ、37ヤード。

RBレイク・シーストランク(今年のドラ6)
 速え~! びびりました。今までのスキンズにはちょっといなかったタイプのRB。カレッジ時代の映像を見て思っていたんですが、PHIのルショーン・マッコイに似ている気が。こんな電撃的な走りを見せちゃうと、もうPSでキープするのは無理でしょう。どんなことをしても、彼のためにロースター枠を空けないといけないですね。ただ、ボールの持ち方がちょっと危なっかしい気も。12キャリー、63ヤード。

 試合を通じて、あまりにランがさくさく出たもんだから、グルーデンのプレーコールについては、特徴がよく分かりませんでした。それでも、パスターゲットとしてRBを使う場面が多かった気がします。好きですね、この傾向。

 気になったのは、DBによるイリーガルコンタクトのファウルの多さ(両チームとも)。今年から厳しく取られると聞いていたので、案の定って感じですが、アジャストするのが大変そう。これにきちんと対処できないと致命傷になると思うぞ。レシーバーがかなり有利になりそうだなあ。

 パッツのQBガロポロはイイっすねえ。滑らかで素早いリリースは見ていて気持ち良かったです。ポケットワークもブレイディに似ているような。もうマレットは越えちゃったんじゃないですかね。どうでもいいけど、ウチのコルト君もスバラシイ出来でしたw
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0